鉄道部品鋳造のポリシー

鉄道付属品「第 11 次 5 年」期間鉄道省は積極的に電気牽引機関車を開発、電気機関車は 80% 以上と AC ドライブの局在化を達成するための交通負荷の割合を負担します。機関車。25 トンも重い貨物機関車の軸を積極的に開発、電気機関車に適応する時速 200 km の開発を支援します。2010 機関車所有約 19,000 台に達する。速度は 200 km のグループに基づいて重要な技術上の開発で線路アクセサリー EMU 紹介、できるだけ早く EMU ローカリゼーション上時速 200 km を達成し、積極的に sp の数が少ないと組み合わせるeed EMU 主要技術開発、開発、高速電車の製造、メンテナンス、国内サポート能力の形成の終わりから 300 km の。1000 人以上に到達する 2010 EMU 構成。