建設機械精密炭素鋼鋳造

基本情報
  • プロセス:ロストワックス鋳造

  • アプリケーション:機械部品

  • 加工公差:+/- 0.02mm

  • 認証:SGS、CE、RoHS、ISO 9001:2000、ISO 9001:2008

  • 表面:塗装、粉体塗装、亜鉛メッキ

  • 仕様:必要に応じて

  • 成形技術:重力鋳造

  • 素材:炭素鋼

  • 表面粗さ:Ra0.1

  • 標準:ASME

  • 配達時間:30-45日

  • 原産地:寧波、中国


製品説明

OEMの鋼鉄消失型鋳造法

図面と詳細な要件を受け取り次第、最適な価格でお届けします。
サンプルは品質チェックに利用できます。
品質システム証明書 ISO9001、SGS
寸法公差 CT7
表面粗さ Ra6.4-12.5
鋳造重量 0.05〜500kg
年間生産能力 年間8000トン
検査 1.化学組成分析2.引張試験3.寸法検査
4.硬さ試験5.超音波6.磁性粒子検査装置
7.三座標測定機
8.金属組織検査機器など
素材 炭素鋼、低合金鋼、ダクタイル鋳鉄、合金鋳鉄など
表面処理 熱処理、機械、研磨、クロム、ニッケルメッキ
鋳造技術 1.ロストワックスキャスティング、(シリカゾル/水ガラスプロセス)2.ロストワックス&フォームキャスティング
販売割合 1.自動鋳造部品-35%
2.フォークリフト部品の鋳造-20%
3.鉄道および鉄道鋳造部品-20%
4.建設機械鋳造部品-10%
5.船舶および鉄道部品-10%
6.その他の鋳造部品-5%
市場の割合 1.ヨーロッパ-40%
2.北米-35%
3.アジア-15%
4.国内市場-10%
利点 1。25年以上の経験
沈殿物の後の2.15-20日配達
原料および液体の溶解の3.Special分析、鋳造の前の一致
4.制御スペクトルおよび熱分析装置
5.ISO 90001に合格